テーマ:化学物質

ミスド提供の水、600倍の塩素…客3人搬送

読売新聞 3月22日(金)23時41分配信  ドーナツチェーン店「ミスタードーナツ」を運営するダスキン(大阪府吹田市)は22日、「ミスタードーナツ豊中駅前ショップ」(同府豊中市)で提供した水を飲んだ客3人が体調不良を訴え、病院で治療を受けたと発表した。  いずれも軽症。保健所などが調べたところ、飲み残しの水から、水道法で定め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺にミクロ「時限爆弾」 石綿吸引 阪神がれき作業員

 阪神大震災で、壊れた建物のがれきを処理した作業員らに健康被害の影が忍び寄っている。飛び散った有害なアスベスト(石綿)を吸い込んだ恐れがあるためだ。長い時を経て体をむしばむミクロの物質を「時限爆弾」と呼ぶ当事者たち。既に死者も出た。「東京でも地震が起きれば必ず飛散する」。遺族は見えない災いへの備えを強く促している。 (中山高志)  大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2.5指針:基準の倍で外出自粛 都道府県が周知

毎日新聞 2013年02月27日 23時19分(最終更新 02月28日 00時12分)  中国から国内への大量飛来が懸念されている大気汚染源の微小粒子状物質「PM2.5」について、環境省は27日、専門家会合(座長・内山巌雄京都大名誉教授)を開き、大気中濃度が環境基準値の2倍に当たる「1日平均1立方メートル当たり70マイクログラム」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国が公式文書で「癌症村」の存在認める、環境保護省が化学品の汚染リスクで報告

2013.2.24 17:58 [中国]  【上海=河崎真澄】中国環境保護省が地方当局に通達した文書で、がんなど重度の内臓疾患が集中的に起きる「癌(がん)症村」の存在を認めていたことが分かった。健康被害が地域で多発する問題はかねて指摘されてきたが、当局が公式に認めたのは初めてとみられる。  文書は「化学品の環境リスクと防御管理に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の白酒から基準値超えの可塑剤を検出、業界は1年以上放置か

【大紀元日本11月22日】中国でよく飲まれる白酒(バイチュウ)から基準値を超える可塑剤が検出された。業界は、昨年6月にはすでにこの事実を知っていたにもかかわらず、1年以上、この問題を放置していたことも国内メディアの取材で分かった。  中国経済専門サイト「21世紀網」は国内有名ブランド「酒鬼酒」の成分分析を検査機関に調査を依頼した結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more