テーマ:公害

PM2.5:九州で基準超え相次ぐ

毎日新聞 2013年02月09日 10時52分(最終更新 02月09日 11時02分)  中国に地理的に近い九州地方では、今年に入り微小粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度が国の環境基準(1日平均1立方メートル当たり35マイクログラム以下)を超える日が相次いでいる。環境省は「直ちに健康被害に結びつく値ではない。ただ疫学的な研究が十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の肺がん、10年で60%増 大気汚染で中国医師ら指摘

【北京共同】中国で広範囲で発生している有害物質を含んだ濃霧に関して、中国の研究者らが7日までに人体に与える影響について「肺がん患者は10年で60%増加した」との調査結果などを相次いで発表、大気汚染による深刻な健康被害の実態が浮き彫りになった。  今年の汚染では少なくとも全人口の5割弱の約6億人が影響を受けている。中国当局は抜本的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more