テーマ:地震

1カ月で地震1300回に「山上がり」箱根山噴火カウントダウン

温泉地として有名な箱根の山が不気味な動きだ。先月中旬から地震活動が活発化し、噴火寸前に見られる「山上がり」(山体膨張)も観測されている。神奈川県温泉地学研究所によると、1月15日~2月14日に起きた地震の総数は1300回以上。今月10日には、箱根のロープウエー駅で震度5の揺れが起き、ネット上でも騒ぎになった。 「1月中旬から周辺地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気象庁“津波が到達する可能性”

日本時間の6日午前、南太平洋で起きたマグニチュード8.0の地震で、気象庁は「日本の太平洋沿岸の一部に、早いところで夕方に津波が到達する可能性があり、到達の2時間前には津波注意報か、潮位の変化に関する情報を発表する」として、日本への津波の影響について調査を続けています。 気象庁によりますと、日本時間6日午前10時12分ごろ、南太平洋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンタクルーズ諸島沖でのM8.0の地震

地震情報(震源・震度に関する情報) 平成25年2月6日10時27分 気象庁発表 きょう06日10時12分ころ地震がありました。 震源地は、南太平洋(南緯10.9度、東経165.1度)で、地震の規模 (マグニチュード)は8.0と推定されます。 太平洋の広域に津波発生の可能性があります。 日本への津波の有無については現在調査中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不適切」批判も財務省反省なし 復興予算 目的外13億円

二〇一二年度予算などで東日本大震災の復興予算として不適切だと批判された被災地以外の税務署耐震化工事について、財務省が一三年度の復興特別会計の概算要求にも事業費を盛り込んでいることが、自民党の河野太郎衆院議員の指摘で明らかになった。事業名は「仙台港の大型エックス線検査装置の復旧等」なのに、税務署耐震化が含まれていた。各府省庁の概算要求は十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダ沖でM7.7の地震、北米沿岸やハワイに津波警報

(CNN) 米地質調査所(USGS)によると、カナダ西部のクイーンシャーロット諸島沖で現地時間の27日午後8時4分(日本時間28日午後0時4分)ごろ、マグニチュード(M)7.7の地震が発生した。 この地震を受けハワイにある太平洋津波警報センターは、津波警報を発令した。警報の対象地域は、震源付近のカナダ西部ブリティッシュコロンビア州と米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラスカでM7.7大地震 津波調査中

ハワイにある太平洋津波警報センターから気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の5日午後5時58分ごろ、北アメリカ大陸、アラスカ南東部の沿岸を震源とするマグニチュード7.7の大きな地震がありました。 気象庁は、この地震で太平洋に津波が発生する可能性があるため、日本への津波の影響があるかどうか調べています。NHK
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島・茨城・関東南部で地震活動続く

去年3月の巨大地震のあと、福島と茨城の県境付近や関東南部などでは活発な地震活動が1年9か月たった今も続いていることが分かりました。分析した専門家は「余震は次第に減っていくが地震の大きさが小さくなるわけではないので引き続き余震には注意してほしい」と指摘しています。 東北大学の遠田晋次教授は、去年3月の巨大地震から今月にかけての1年9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月・太陽の引力、震災に影響か 「最後に誘発」の可能性

【杉本崇】月や太陽による引力が東日本大震災発生の「引き金」になっていた可能性が高いことを、防災科学技術研究所の田中佐千子研究員が明らかにした。東北沖で36年間に発生した地震について引力との関係を調べたところ、2011年の震災が近くなるにつれ、引力の影響が強いときに地震が集中していることがわかった。  引力の影響が強いときに地震が頻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「アウターライズ型」違った=7日の津波地震で気象庁-日本海溝付近、複雑な動き

7日夕に起きた三陸沖を震源とする最大震度5弱の地震について、気象庁の斎藤誠地震情報企画官は10日の記者会見で、「余震を含め解析したところ、当初説明した単純なアウターライズ型地震ではなく、複数の断層面が動いた可能性が高い」と述べた。  東日本大震災の巨大地震と津波以降、懸念されてきたマグニチュード(M)8級のアウターライズ型地震が今後起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界最大級の地震はM10前後

世界で起こりうる最大級の地震について、地球の大きさや地形から、最大でマグニチュード10前後の規模が考えられるという分析結果を東北大学の専門家がまとめました。 この分析結果は、21日に都内で開かれた地震の専門家の会合で、東北大学大学院の松澤暢教授が報告しました。 それによりますと、地球の大きさや巨大地震を起こす可能性のあるプレート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中米グアテマラでまた地震 西部沖でM6.5

(CNN) 中米グアテマラの西部沖合で11日、マグニチュード(M)6.5の地震が発生し、最大M5.0の余震も起きた。米地質調査所(USGS)が明らかにした。震源地は西部沿岸の町チャンペリコから西南西に約30キロ離れた地点で、震源の深さは海面から27キロ。 太平洋津波警報センターによれば、被害を引き起こすような津波の発生は予想されていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミャンマーでM6.8、5人死亡=建設中の橋崩落、不明者も

【バンコク時事】米地質調査所(USGS)によると、11日午前7時42分(日本時間同10時12分)、ミャンマー中部でマグニチュード(M)6.8の地震があった。震源はサガイン管区シュエボの北北東52キロで、深さは9.8キロ。ロイター通信によると、この地震で5人が死亡、5人が行方不明になっている。  同通信によると、シュエボ近くのイラワジ川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グアテマラ沖でM7.4=39人死亡、多数が不明に

時事通信 11月8日(木)6時1分配信  【サンパウロ時事】米地質調査所によると、中米グアテマラ沖の太平洋で7日午前(日本時間8日未明)、マグニチュード(M)7.4の地震が起きた。AFP通信によれば、被災地を視察したペレスモリナ大統領は、倒壊した建物のがれきの下敷きになるなどして39人が死亡したと明らかにした。今も多数が行方不明になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白山で群発地震…27日夜~28日未明

白山(標高2702メートル)で27日夜から28日未明に群発地震が起きていたことが29日、金沢地方気象台への取材でわかった。  同気象台によると、白山の中飯場(同1540メートル)に設置した地震計が、27日午後9時頃から28日午前3時頃までの間に100回以上の地震を観測。いずれも微弱で揺れを感じない「震度0」で、マグニチュードは最大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カナダ沖でM7.7の地震 北米の太平洋沿岸に津波警報

【ニューヨーク=中井大助】米地質調査所(USGS)によると、27日午後8時すぎ(日本時間28日正午すぎ)、カナダ西海岸沖のハイダグワイ島付近でマグニチュード(M)7.7の大きな地震があった。この地震の影響で、太平洋沿岸のアラスカからカリフォルニア付近にかけて、津波警報が発せられた。被害の有無などはまだ分かっていない。ハワイにある太平洋津…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大地震前後、温泉に変化 湯温上昇し水位低下

 東日本大震災の地震直後、和歌山県の白浜温泉で泉源の水位が急激に下がっていたことが、日本温泉科学会会長の西村進・京都大学名誉教授(物理地質学)らの調査で分かった。阪神・淡路大震災の際も、城崎温泉(兵庫県豊岡市)で湯温が急上昇し、いずれも前兆とされる地震での変動も観測されている。温泉など地下水が地盤の動きを素早く伝えることが裏付けられたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今朝の朝焼けは地震雲か

毎日の暑さで体調が悪いが特に今朝は体調が悪く目が覚めたので、トイレに行ったらいつもと違う朝焼けだったので、窓から空をみたら赤い朝焼けが筋状にになっていた。生まれてはじめて見る朝焼けです。最近特に海外では大きな地震や火山噴火が増えていますので、地震雲ではないかと心配です。青森や北海道にも大きな地震の可能性も出てきているので、注意しましょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中米で火山噴火3000人避難

中米のニカラグアで、国内最大の火山が噴火し、政府は、周辺の住民およそ3000人を避難させたほか、火山灰の影響が広がるおそれがあるとして、軍を派遣して警戒を呼びかけています。 噴火したのは、ニカラグアの首都マナグアの北およそ150キロにある標高1700メートル余りのサンクリストバル火山で、8日、大きな爆発音を伴って3回にわたって噴火…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震の死者89人に=温家宝首相が被災地入り-中国南西部

【北京時事】中国南西部・雲南省昭通市彝良県付近で7日起きた地震の死者は8日午前までに、89人に上った。このほか795人が負傷し、74万4000人が被災した。温家宝首相は同日未明に同県入りし、さっそく被災した村を訪れたほか、県の病院で負傷者を見舞うなどし、不眠で陣頭指揮に当たった。中央テレビや中国新聞社電などが伝えた。  温首相は空軍機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国雲南省で地震、43人死亡 2万棟倒壊、70万人被災か

【北京共同】新華社電などによると、中国雲南省昭通市イリョウ県付近で7日、地震が発生し、少なくとも43人が死亡、150人が負傷し、家屋2万棟が倒壊した。雲南省の地元メディアは10万人以上が避難し、被災者は約70万人に上ると伝えた。  被災地付近では余震が続いており、今後、被害が拡大する可能性がある。  地元メディアによると、現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山噴火は近い!研究チームが大警戒 ZAKZAK

ZAKZAKより 昨年3月11日の東日本大震災と4日後に静岡県東部で起きたマグニチュード(M)6・4の地震によって、富士山のマグマだまりに噴火を引き起こしかねないほどの大きな圧力がかかったことが防災科学技術研究所(茨城県つくば市)などのチームの研究で6日、分かった。  圧力の高まりだけが噴火の要因ではなく、現在のところ、噴火の兆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国西南部で地震、43人死亡=地元政府が救助作業開始

 【北京時事】中国西南部で7日昼、マグニチュード(M)5以上の地震が相次いで発生、新華社電によると、少なくとも43人が死亡し、150人以上が負傷した。震源に近い雲南省昭通市では住宅2万戸以上が損壊。地元政府は救助チームを派遣し、生存者の救出作業に着手した。  震源はいずれも昭通市と貴州省畢節市の境界付近で、余震も続いている。道路が寸断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地底に眠る超巨大火山「スーパーボルケーノ」、地球を脅かす可能性 米国

ワイオミング州イエローストーン国立公園(CNN) 訪れる人を圧倒せずにはおかない米イエローストーン国立公園。間欠泉が空中高く吹き上がり、地熱で温められた温泉は別世界のような青緑色を放つ。周囲にそびえる山々は野生生物の宝庫でもある。 しかしこの美しい国立公園の地底には、米国土の広範に甚大な被害をもたらし、地球全体を変えてしまうほどの威力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中米コスタリカでM7.6の地震=沿岸地域に津波警報

 【ワシントン時事】米地質調査所によると、中米コスタリカ北西部で5日午前8時42分(日本時間同日午後11時42分)ごろ、マグニチュード(M)7.6の強い地震があった。震源は首都サンホセ西方140キロ、震源の深さは40キロ。  これを受け、米太平洋津波警報センターはコスタリカとパナマ、ニカラグアの太平洋沿岸地域に津波警報を出した。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドネシア東部でマグニチュード6.5の地震

火曜夜、インドネシアのジャワ島およびバリ島南沖でマグニチュード6.5の地震が発生した。津波の危険は発表されなかった。リア・ノーボスチ通信の全国気象・気候・地学部局が伝えた。 同通信員によると、震央は東ジャワ州の町バニュワンギから南西301キロの地点。震源はインド洋の海面から数十キロ下。 バリ島の住民は強い揺れを30秒以上感覚し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

比地震、軍と警察が復旧急ぐ 1人死亡、家屋倒壊も

【タクロバン(フィリピン中部レイテ島)共同】フィリピン東沖の太平洋で8月31日に起きた地震で、震源地近くのサマール島などでは、国軍や警察が1日、各地で壊れた道路や橋を中心に本格的な復旧作業を始めた。一時停電した地域も多く、被害状況の確認も合わせて進めた。  地震発生直後にミンダナオ島で鉄砲水と土砂崩れがあり、1人が死亡した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィリピン沖でM7.9=日本にも津波注意報

米地質調査所(USGS)によると、フィリピン東方沖で31日午後8時47分(日本時間同9時47分)、マグニチュード(M)7.9の強い地震があった。ロイター通信によれば、日本、フィリピン、インドネシア、台湾などを含む広範な地域に津波注意報が出された。(2012/08/31-22:16)時事ドットコム
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青ヶ島の南東沖(島の南端から南東方向に約1300m付近)等で変色水が観測されておりま

平成24年8月29日発表 火山名:青ヶ島 位置:北緯32度26.3分 東経139度46.8分 噴火が発生するおそれ 周辺海域警戒 青ヶ島の南東沖(島の南端から南東方向に約1300m付近)等で変色水が観測されておりますので、 付近を航行する船舶は変色水の周辺海域には近付かないようにしてください。 なお、地震活動や地殻変…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

原発、断層ずれても運転可能に 保安院が新基準導入へ 

原発直下に地盤をずらす「断層」があっても原発の運転を一律に禁止せず、継続の可能性を残す新たな安全評価基準の導入を、経済産業省原子力安全・保安院が検討していることが28日、分かった。  保安院は従来「活断層の真上に原子炉を建ててはならない」との見解を示していた。新基準では、これまでは活断層と判断される可能性があった一部の断層について原発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮城の農畜産物 東電賠償まだ6割 「本払い」進まず

福島第1原発事故に伴う宮城県内の農畜産物の損害賠償をめぐり、東京電力による賠償金の支払いが請求の6割にとどまっていることが27日、分かった。昨年8月の請求開始から1年。請求を取りまとめる農協グループの宮城県協議会は早期の完全支払いを求め、決起集会を開くことも視野に働き掛けを強めていく。  昨年8月~今年7月の11次にわたる請求総額は1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more