テーマ:登米市

食品中の放射性物質の検査が行われ、その結果について別添のとおり情報を入手しましたので、お知らせします

1 自治体から入手した放射性物質の検査結果  小樽市、岩手県、宮城県、山形県、栃木県、群馬県、千葉県、千葉市、船橋市、東京都  神奈川県、川崎市、相模原市、新潟県、新潟市、山梨県、長野県、名古屋市、大阪市  東大阪市  ※基準値超過13件  No.142:宮城県産たけのこ(Cs:140 Bq/kg)  No.307,30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸森町の阿武隈川で15日に捕れたアユから、放射性セシウム(国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を

ツイッターより 菊地淳 ‏@kikutijun 6月19日 宮城県は19日、県内の農林水産物の放射性物質測定結果を発表。丸森町の阿武隈川で15日に捕れたアユから、放射性セシウム(国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える130ベクレル検出。(河北)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

双葉町役場17日先行移転 「避難所閉鎖」募る不安

全国で唯一残る避難所が揺れている。東京電力福島第一原発事故で埼玉県加須市の旧騎西高校に役場機能を置く福島県双葉町は、十七日に福島県いわき市内に機能を移す。町は役場移転に伴い、同校に設けた避難所をいずれ閉鎖する方針だ。支え合って暮らしてきた高齢者たちは不安そうだ。「仮設住宅では孤立してしまう」 (石井宏昌、写真も)  「町民の(新たな居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恥ずべき行為」「残念」=放射能漏れで説明会-茨城・東海村

茨城県東海村にある加速器実験施設「J-PARC」の放射能漏れ事故を受け、運営する日本原子力研究開発機構と高エネルギー加速器研究機構は13日、住民説明会を開いた。集まった約50人からは、「換気扇にフィルターも付けず恥ずべき行為だ」「専門家がいてこの程度か」など、厳しい指摘と不信の声が相次いだ。  池田裕二郎J-PARCセンター長らは冒頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

側溝汚泥から1万4500ベクレル 茨城県取手 住民に清掃自粛を要請

 取手市は十日、地区住民による清掃活動で道路側溝から取り除いた汚泥から、国の基準一キロ当たり八〇〇〇ベクレルを上回る一万四五〇〇ベクレルの放射線量が検出されたと発表した。市は汚泥を回収して庁舎内の敷地に仮置きするとともに、処分について環境省と協議する。  市によると、今月一日と二日に市内六地区で住民による清掃があり、道路側溝から集めた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CT検査の被曝でも、がんリスク上昇の可能性

CT検査を受けて低線量の放射線に被曝したオーストラリアの0~19歳の68万人は、CT検査を受けなかった同年代の1000万人と比べ、その後の全がん発症リスクが1.24倍高いという論文が、英国医学雑誌に5月22日公表された。 オーストラリアの全国民が加入する公的医療保険のデータを使って研究が行われた。 1985年1月1日時点で0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線 放射性物質 Q&A 食事でヨウ素摂取し内部被ばくするか

東京電力福島第一原発事故で放射性ヨウ素が放出されましたが、ヨウ素は自然界に存在し、身近な食品にも含まれていると聞きました。食事によってヨウ素を摂取することで内部被ばくをすることはないのでしょうか? 【回答者】県放射線健康リスク管理アドバイザー・長崎大大学院教授(放射線医療科学専攻) 高村昇さん ■ほぼ全て放射能を持たない「安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲状腺がん「確定」12人 福島の18歳以下、9人増

東京電力福島第一原発事故による放射線の影響を調べている福島県の県民健康管理調査で、十八歳以下で甲状腺がんの診断が「確定」した人が九人増え十二人に、「がんの疑い」は十五人になった。  これまで一次検査の結果が確定した約十七万四千人の内訳。五日に福島市で開く検討委員会で報告される。検討委の二月までの調査報告では、がん確定は三人、疑いは七人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線の影響否定 甲状腺がん診断確定12人に

東京電力福島第一原発事故を受けた県の県民健康管理調査の検討委員会は5日、福島市のコラッセふくしまで開かれた。2月の報告以降、18歳以下で甲状腺がんの診断が「確定」した人が9人増えて12人、「がんの疑い」が8人増えて15人になったとする結果が報告され、新たに就任した星北斗座長(県医師会常任理事)は会議後の記者会見で「現時点で、放射線の影響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線量、タクシーが監視 最新地図ネット公開 365日路地裏も

タクシーに放射線測定装置を積載して東京電力福島第一原発事故で拡散した放射性物質の空間放射線量を測り、最新の線量地図を作るプロジェクトが郡山市で始まった。「多くの人に目に見える形で現状を知ってもらいたい」と大玉村の三和製作所がシステムを開発し、市内の西条タクシーが協力している。7日、測定器を搭載したタクシーで市内を試験走行した。空間線量の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

登米市放射線

ベクレルウォッチャー ‏@BqWatcher 5月16日 牛全頭検査 → 宮城県登米市 47 Bq/kg・宮城県栗原市 26・東京都福島県産 28(5月15日厚労省 黒猫(横浜) ‏@Tomynyo 5月26日 最近測定したお米の結果ですが、セブンイレブンのお米0.5Bq/kg、登米市産の玄米1.4B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス、イタリアにも広がる 感染者3人

(CNN) 世界保健機関(WHO)は3日までに、中東を中心に広がる新型コロナウイルスの感染例が、新たにイタリアでも報告されたことを明らかにした。 WHOは1日、同国初のケースとして、最近ヨルダンを訪れた男性(45)が感染したと発表。さらに2日、イタリア人女性(42)と女児(2)の感染が確認されたと述べた。3人とも容体は安定しているとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原爆被爆:がん死リスク要因に初期放射線以外の可能性 毎日新聞

原爆被爆:がん死リスク要因に初期放射線以外の可能性 毎日新聞 2013年06月01日 21時54分  広島大原爆放射線医科学研究所(原医研)の大瀧慈(おおたき・めぐ)教授らの研究グループが、広島で被爆した人ががんで死亡するリスクを分析した結果、当時10~44歳だった人は、原爆爆発時に放出される初期放射線の影響を除いても、他の年齢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線量、腎臓病リスク高める 放影研が被爆者調査

放射線量、腎臓病リスク高める 放影研が被爆者調査  原爆の被爆者が浴びた放射線量が多いほど慢性腎臓病(CKD)のリスクが高まることが12日、日米共同の研究機関「放射線影響研究所」(放影研、広島市・長崎市)の研究で分かった。米放射線影響学会の学術誌に発表した。放影研によると、被爆者の慢性腎臓病と線量の関係が判明したのは初めて。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2・5だけじゃなかった! 黄砂が運ぶ中国核実験の「セシウム137」とは

 中国で深刻化している微小粒子状物質「PM2・5」が日本にも飛来している。拡散は黄砂が原因とされているが、黄砂が運ぶのはPM2・5だけではない。過去に中国、米国、ロシアなどが行った核実験の放射性物質が西日本を中心に観測され、犯人は黄砂だ。中国ではダイキン、シャープなど日系企業の空気清浄機が売れているというが、室内だけきれいにしても仕方が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「原発重大事故はない」と経産省、拠点対策せず

 東京電力の福島第一原子力発電所事故後、放射線量の上昇などで使えなくなった原子力災害の対応拠点「オフサイトセンター」(OFC)について、総務省が事故の2年前に放射線防護対策などの不備を指摘していたのに対し、OFCを所管する経済産業省が抜本的な対策を取らなかったのは、「大規模事故は起きない」ことを理由にしていたことがわかった。  O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セシウム17兆ベクレル流出か 原発港湾内濃度から試算

東京電力福島第1原発の港湾内で海水の放射性セシウムの濃度が下がりにくい状態が続いていることに関し、汚染水の海への流出が止まったとされる2011年6月からの約1年4カ月間に、計約17兆ベクレルの放射性セシウムを含む汚染水が海に流れ込んだ恐れがあるとの試算を、東京海洋大の神田穣太教授がまとめた。  東電は、11年4月に1週間で意図的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発事故処理に従事した米海兵ら、東京電力に20億ドルの損害賠償請求

【USA】福島原発事故処理に従事した米海兵ら、東京電力に20億ドルの損害賠償請求 被爆によって頭痛、甲状腺障害、ガンに罹患 The Voice of Russia ★福島原発事故処理に従事した米海兵らが20億ドルの損害賠償福島原発の災害処理にあたっていた米国の空母「ロナルド・レーガン」の海兵らが健康を害したとして20億ドルの補償…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大塚キャスター 白血病再発で治療専念へ

フジテレビで4月から始まる情報新番組「アゲるテレビ」で本格復帰予定だった大塚範一キャスター(64)が16日、定期検査の結果「急性リンパ性白血病」の再発が判明、治療に専念することになった。同番組出演も当面の間、見合わせる。  大塚キャスターは2011年11月に急性リンパ性白血病を発病。メインキャスターを務めていた同局系情報番組「めざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

除染手当の抜き打ち検査情報が漏洩 業者、不払い口止め

【青木美希、鬼原民幸】福島第一原発周辺の除染作業員に危険手当が支給されているか調べるため、厚生労働省が抜き打ちで行うことになっている検査の情報が事前に漏洩(ろうえい)し、複数の業者が手当不払いを隠す目的で作業員に口止めしていたことが分かった。検査の信頼性が揺らぐのは必至だ。 税金から1日1万円支給される危険手当の中抜きは昨年11月5日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスド提供の水、600倍の塩素…客3人搬送

読売新聞 3月22日(金)23時41分配信  ドーナツチェーン店「ミスタードーナツ」を運営するダスキン(大阪府吹田市)は22日、「ミスタードーナツ豊中駅前ショップ」(同府豊中市)で提供した水を飲んだ客3人が体調不良を訴え、病院で治療を受けたと発表した。  いずれも軽症。保健所などが調べたところ、飲み残しの水から、水道法で定め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「死者いないはうそ」=福島大教授、原発事故の影響訴え-東京【震災2年】

東京電力福島第1原発事故から2年となった11日、東京都内で脱原発を訴える講演会が開かれ、福島大の清水修二教授(地方財政論)が「原発事故で1人も死んでいないというのはうそ。大変な人的被害だ」と影響の大きさを訴えた。  清水教授は「福島県では15万人近い人が今も避難している。震災関連死は1300人を超えた」と指摘。「避難は犠牲を伴うが、多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

44カ国・地域が輸入規制継続 原発汚染懸念で日本の農水産物

東電福島第1原発事故から11日で2年を迎える今も、中国、韓国など44カ国・地域が日本の農水産物の放射性物質による汚染を懸念して、輸入停止や検査証明書を求めるなどの輸入規制を続けている。規制はさらに長期化する恐れがあり、海外への日本の食品輸出にとって大きな足かせとなっている。  農水省によると、カナダやメキシコなど10カ国がこれまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不信募る「小児甲状腺検査」 別機関の診断結果と違い

福島県の「県民健康管理調査」検討委員会は先月、十八歳以下の二人に甲状腺がんが見つかったと報告した。昨年九月に一人が判明しており、計三人となった。県は福島原発事故との因果関係を否定するが、「安全神話」に徹した姿勢に批判は強い。なにより、検査データを当事者にすら十分開示していない。「賠償の低減が狙いではないか」。保護者たちの不信と不安は募る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故関連死(11)102歳の母「診察拒否」 被ばくを疑った医師

東京電力福島第一原発事故で施設からの避難を強いられたお年寄りは、県内外の病院や施設などで次々に命を落としていった。1月までにその数は520人に及ぶ。避難先を転々とする中、体調を悪化させ死期を早めた。東京の病院で被ばくを疑われ、一時は診察を拒否された高齢者もいる。不条理な差別を受け、故郷の地を踏めないまま逝った。遺族の嘆きは深い。ついのす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肺にミクロ「時限爆弾」 石綿吸引 阪神がれき作業員

 阪神大震災で、壊れた建物のがれきを処理した作業員らに健康被害の影が忍び寄っている。飛び散った有害なアスベスト(石綿)を吸い込んだ恐れがあるためだ。長い時を経て体をむしばむミクロの物質を「時限爆弾」と呼ぶ当事者たち。既に死者も出た。「東京でも地震が起きれば必ず飛散する」。遺族は見えない災いへの備えを強く促している。 (中山高志)  大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2.5最悪レベル 黄砂が今年初飛来 中国

 【北京=渡部圭】北京や山東省、江蘇省など中国東部の広い範囲で二十八日未明から、濃いスモッグが広がり、一部地域では大気汚染物質の微小粒子状物質PM2・5の指数が最悪レベルの「厳重汚染」に達した。北京などでは午後から強風が吹き、今年初めて西部の乾燥地帯から大量の黄砂が飛来。高速道路の封鎖など交通も乱れ、大気汚染の“ダブルパンチ”に悩まされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防災指針 募集意見ほとんど反映されず

原子力発電所の事故に備えた防災指針を見直している、国の原子力規制委員会は、ヨウ素剤の事前配布や、住民が避難を始める新たな放射線量の基準などを正式に決めました。 防災指針の見直しについては、「放射線量の基準を下げるべきだ」などの意見が国民から3000件余り寄せられましたが、指針へはほとんど反映されませんでした。 原子力規制委員会は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

片付け作業員男性死亡 川内の国直轄除染現場

28日午後4時15分ごろ、川内村下川内の国直轄除染現場で、作業に当たっていたいわき市の男性(54)が突然倒れ、同僚が119番通報した。男性は意識不明の状態で小野町の病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。  環境省福島環境再生事務所によると、国直轄除染の現場での作業員の死亡は今回が初めて。男性は木の片付け作業をしていた際に倒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2.5指針:基準の倍で外出自粛 都道府県が周知

毎日新聞 2013年02月27日 23時19分(最終更新 02月28日 00時12分)  中国から国内への大量飛来が懸念されている大気汚染源の微小粒子状物質「PM2.5」について、環境省は27日、専門家会合(座長・内山巌雄京都大名誉教授)を開き、大気中濃度が環境基準値の2倍に当たる「1日平均1立方メートル当たり70マイクログラム」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more