テーマ:PM2.5

PM2.5最悪レベル 黄砂が今年初飛来 中国

 【北京=渡部圭】北京や山東省、江蘇省など中国東部の広い範囲で二十八日未明から、濃いスモッグが広がり、一部地域では大気汚染物質の微小粒子状物質PM2・5の指数が最悪レベルの「厳重汚染」に達した。北京などでは午後から強風が吹き、今年初めて西部の乾燥地帯から大量の黄砂が飛来。高速道路の封鎖など交通も乱れ、大気汚染の“ダブルパンチ”に悩まされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2.5指針:基準の倍で外出自粛 都道府県が周知

毎日新聞 2013年02月27日 23時19分(最終更新 02月28日 00時12分)  中国から国内への大量飛来が懸念されている大気汚染源の微小粒子状物質「PM2.5」について、環境省は27日、専門家会合(座長・内山巌雄京都大名誉教授)を開き、大気中濃度が環境基準値の2倍に当たる「1日平均1立方メートル当たり70マイクログラム」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大気汚染物質PM2・5、中国からの飛来量は平年並み「冷静な対応を」

産経新聞 2月18日(月)12時50分配信 大気中のPM2.5濃度が環境基準値を超えた日数(写真:産経新聞)  中国に深刻な大気汚染をもたらしている有害な微小粒子状物質「PM2・5」が日本各地に飛来し、健康への不安が高まっている。だが、実は日本への飛来は10年以上前に始まっており、今冬も平年並みの見通しだ。呼吸器などに持病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国からの輸入食品は大丈夫なのか

PM2.5 大気汚染 <検疫では未検査>  超微粒子物質「PM2.5」による中国大気汚染は全土で深刻化しているが、空気がダメというのなら、農作物や水はどうなのか。日本で食べられている中国からの輸入食品や加工品の安全性が気になるところだ。毒ギョーザ事件以降、一時は減ったものの、いまでは冷凍食品やファミレスで当たり前のように使用され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2.5大気汚染また悪化 食べてはいけない中国産「猛毒食品」

<ついに「重度汚染警報」>  中国の大気汚染が再び悪化しはじめた。とうとう中国政府が「重度汚染警報」を発する事態になっている。ヤバイのは、多くの日本人が気づかないまま中国産の「汚染食品」を食べていることだ。もはや中国からの輸入食品なしでは日本の食は成り立たない。どうすればいいのか。防衛策はあるのか。 <視界悪化で高速は閉鎖>…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国ゴミ焼却炉至近の村 脳性麻痺の子ら生まれ村民が訴訟も

 中国で深刻な大気汚染を引き起こし、日本にも飛来してくる微小粒子物質PM2.5。工場のばい煙や車の排ガスなどによって発生する微小な粒子で、肺がんや呼吸器疾患のリスクを高める可能性があるという。粒子には発癌性のある化学物質が含まれるが、そのなかでも専門家らが警戒するのはダイオキシンだ。  中国の生活ゴミ排出量は年間3億トンに達する。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more