テーマ:行政

登米市、就学援助費支給ミス 過払いや不足計42件

 宮城県登米市は21日、本年度の児童生徒就学援助費の支給の一部に支給額の不足や過払いがあったと発表した。支給ミスは昨年7、12月に給付した759件のうち42件であった。不足が18件で計約9万円、過払いは24件で計約21万円に上った。  支給不足は学校が市教委に出す実績報告書の提出遅れや、職員が実績報告書の確認を怠ったために起きた。過払…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事務処理ミス続発 登米市が職員16人処分 市税二重徴収

登米市で4月以降、公共下水道の受益者負担金の未収、市税徴収に関するミスなど、事務処理の不手際が相次いだことを受け、市は31日付で部長級の幹部職員を含む16人を処分した。市幹部によると、事務処理のミスをめぐり、年間を通して16人もの職員が処分を受けるのは異例。  公共下水道を利用する不動産購入時に、所有者や事業者が支払う受益者負担金の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more