テーマ:黄砂

PM2.5最悪レベル 黄砂が今年初飛来 中国

 【北京=渡部圭】北京や山東省、江蘇省など中国東部の広い範囲で二十八日未明から、濃いスモッグが広がり、一部地域では大気汚染物質の微小粒子状物質PM2・5の指数が最悪レベルの「厳重汚染」に達した。北京などでは午後から強風が吹き、今年初めて西部の乾燥地帯から大量の黄砂が飛来。高速道路の封鎖など交通も乱れ、大気汚染の“ダブルパンチ”に悩まされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more