テーマ:汚染

中国が公式文書で「癌症村」の存在認める、環境保護省が化学品の汚染リスクで報告

2013.2.24 17:58 [中国]  【上海=河崎真澄】中国環境保護省が地方当局に通達した文書で、がんなど重度の内臓疾患が集中的に起きる「癌(がん)症村」の存在を認めていたことが分かった。健康被害が地域で多発する問題はかねて指摘されてきたが、当局が公式に認めたのは初めてとみられる。  文書は「化学品の環境リスクと防御管理に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大気汚染物質PM2・5、中国からの飛来量は平年並み「冷静な対応を」

産経新聞 2月18日(月)12時50分配信 大気中のPM2.5濃度が環境基準値を超えた日数(写真:産経新聞)  中国に深刻な大気汚染をもたらしている有害な微小粒子状物質「PM2・5」が日本各地に飛来し、健康への不安が高まっている。だが、実は日本への飛来は10年以上前に始まっており、今冬も平年並みの見通しだ。呼吸器などに持病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国からの輸入食品は大丈夫なのか

PM2.5 大気汚染 <検疫では未検査>  超微粒子物質「PM2.5」による中国大気汚染は全土で深刻化しているが、空気がダメというのなら、農作物や水はどうなのか。日本で食べられている中国からの輸入食品や加工品の安全性が気になるところだ。毒ギョーザ事件以降、一時は減ったものの、いまでは冷凍食品やファミレスで当たり前のように使用され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2.5大気汚染また悪化 食べてはいけない中国産「猛毒食品」

<ついに「重度汚染警報」>  中国の大気汚染が再び悪化しはじめた。とうとう中国政府が「重度汚染警報」を発する事態になっている。ヤバイのは、多くの日本人が気づかないまま中国産の「汚染食品」を食べていることだ。もはや中国からの輸入食品なしでは日本の食は成り立たない。どうすればいいのか。防衛策はあるのか。 <視界悪化で高速は閉鎖>…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国ゴミ焼却炉至近の村 脳性麻痺の子ら生まれ村民が訴訟も

 中国で深刻な大気汚染を引き起こし、日本にも飛来してくる微小粒子物質PM2.5。工場のばい煙や車の排ガスなどによって発生する微小な粒子で、肺がんや呼吸器疾患のリスクを高める可能性があるという。粒子には発癌性のある化学物質が含まれるが、そのなかでも専門家らが警戒するのはダイオキシンだ。  中国の生活ゴミ排出量は年間3億トンに達する。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向精神薬成分で自然界の魚に異常 下水から川に流出

【ワシントン共同】不安症状を抑える目的で人に処方される向精神薬の一種が下水を通じて川に流れ出して自然界の魚に蓄積すると、用心深さを失うなどの異常を引き起こす可能性があるとする調査結果を、スウェーデン・ウメア大のチームが14日付の米科学誌サイエンスに発表した。  スウェーデンの川の水や魚の体から微量の向精神薬「オキサゼパム」を検出。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【社説】フッ酸流出事故に見る大韓民国の危機管理能力

 慶尚北道亀尾市の化学薬品メーカー「ヒューブグローバル」で先月27日に発生したフッ化水素酸(フッ酸)ガス漏れ事故の影響で、皮膚の腫れやただれ、嘔吐(おうと)などにより病院で治療を受けた周辺住民や作業員の数は、12日までに8000人を超えた。一方、これほど大きな被害を出した事故なのにもかかわらず、事故への対応や防災体制があまりにもずさんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台市で、アスベストが通常の4000倍も検出。 宮城県が「失敗した、手遅れ」 と謝罪。

ツイッターより 仙台市で、アスベストが通常の4000倍も検出。 宮城県が「失敗した、手遅れ」 と謝罪。「震災がれきの仙台市での焼却で、煙突の煙から放射性物質と共にアスベストが大量に放出されていた、という結果です。失敗しました。手遅れです」とのこと。放射能はごまかせてもアスベストはごまかせないhttp://ameblo.jp/pochi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more