中国からの輸入食品は大丈夫なのか

PM2.5 大気汚染 <検疫では未検査>  超微粒子物質「PM2.5」による中国大気汚染は全土で深刻化しているが、空気がダメというのなら、農作物や水はどうなのか。日本で食べられている中国からの輸入食品や加工品の安全性が気になるところだ。毒ギョーザ事件以降、一時は減ったものの、いまでは冷凍食品やファミレスで当たり前のように使用され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2.5大気汚染また悪化 食べてはいけない中国産「猛毒食品」

<ついに「重度汚染警報」>  中国の大気汚染が再び悪化しはじめた。とうとう中国政府が「重度汚染警報」を発する事態になっている。ヤバイのは、多くの日本人が気づかないまま中国産の「汚染食品」を食べていることだ。もはや中国からの輸入食品なしでは日本の食は成り立たない。どうすればいいのか。防衛策はあるのか。 <視界悪化で高速は閉鎖>…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SARSに似た新型ウイルス、人から人へ感染か 米当局も警戒

(CNN) 2002~03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)のウイルスに似た新型のコロナウイルス(NCoV)が、英国で人から人へ感染した疑いが指摘されている。米当局も上陸の可能性に備え、警戒を強めている。 世界保健機関(WHO)や米疾病対策センター(CDC)によると、世界で確認された発症者は計12人で、このうち5人が死亡した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国ゴミ焼却炉至近の村 脳性麻痺の子ら生まれ村民が訴訟も

 中国で深刻な大気汚染を引き起こし、日本にも飛来してくる微小粒子物質PM2.5。工場のばい煙や車の排ガスなどによって発生する微小な粒子で、肺がんや呼吸器疾患のリスクを高める可能性があるという。粒子には発癌性のある化学物質が含まれるが、そのなかでも専門家らが警戒するのはダイオキシンだ。  中国の生活ゴミ排出量は年間3億トンに達する。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1カ月で地震1300回に「山上がり」箱根山噴火カウントダウン

温泉地として有名な箱根の山が不気味な動きだ。先月中旬から地震活動が活発化し、噴火寸前に見られる「山上がり」(山体膨張)も観測されている。神奈川県温泉地学研究所によると、1月15日~2月14日に起きた地震の総数は1300回以上。今月10日には、箱根のロープウエー駅で震度5の揺れが起き、ネット上でも騒ぎになった。 「1月中旬から周辺地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆発の威力は広島型原爆の30倍以上

ロシア中部に落下した隕石とみられる物体に関連して、NASA=アメリカ航空宇宙局は、小惑星が上空20キロ前後で爆発し、その威力は広島型の原爆の30倍以上に上るとみられることを明らかにしました。 これは、NASAが15日夜に明らかにしたもので、観測データをさらに解析した結果、大気圏に突入した小惑星は直径がおよそ17メートル、重さがおよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

向精神薬成分で自然界の魚に異常 下水から川に流出

【ワシントン共同】不安症状を抑える目的で人に処方される向精神薬の一種が下水を通じて川に流れ出して自然界の魚に蓄積すると、用心深さを失うなどの異常を引き起こす可能性があるとする調査結果を、スウェーデン・ウメア大のチームが14日付の米科学誌サイエンスに発表した。  スウェーデンの川の水や魚の体から微量の向精神薬「オキサゼパム」を検出。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電“4号機の耐震性問題なし”

水素爆発で建物が激しく壊れた東京電力福島第一原子力発電所の4号機について、東京電力は、初めて外部の専門家の立ち会いのもと点検を行い、多くの核燃料が保管されているプールや壁の傾きに変化はなく、耐震性に問題はないと発表しました。 しかし、専門家は1人で名前も公表されておらず、客観性に疑問が残る結果となりました。 福島第一原発の4号機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コカコーラ毎日10リットル、「死亡の大きな要因」と検視官

【2月12日 AFP】生前、コカ・コーラ(Coca-Cola)を1日に約10リットル飲む習慣のあったニュージーランド人女性の死について調べていた検視担当官が12日、この女性の生活習慣が死の大きな要因になったと述べた。同検視担当官はまた、米飲料大手の同社に対し、カフェイン入りの製品に健康警告を表示するよう勧告した。  亡くなったのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県の医師19%が体調不良 震災前の3・5倍

東日本大震災の被害が大きかった東北3県の医師を対象にした意識調査で「健康状態が良くない」との回答が福島19・4%、宮城14・1%、岩手12・8%に上ることが10日分かった。特に福島は震災前に比べ3・5倍の高さ。震災でストレスを感じるとの回答も福島で62・9%に達し、宮城51・6%、岩手39・2%に比べ際立つ結果となった。  調査し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリモーリエ税関で「放射性」日本車2台、せき止められる

ウラジオストク港の税関で、日本からロシアに輸入されようとしていた自動車2台が入港を拒否され、特別隔離保管区に回送された。理由は高い放射線濃度。金曜、極東税関局が伝えた。 「日本からウラジオストクに到着した2隻のディーゼル船の船倉に、放射線濃度の高いNissan X-TrailとToyota Vitzが見つかった」と同税関。 両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中皮種 原因はα放射線による内部被曝 アスベスト暴露はきっかけ

【毎日新聞 】2009年7月28日  アスベスト:吸入、肺にラジウム蓄積 内部被ばくでがん化--岡山大チーム  アスベスト(石綿)吸入による中皮腫や喫煙などによる肺がんが起こる仕組みを、岡山大の中村栄三・地球物質科学研究センター長らの研究チームが解明した。石綿やたばこ、粉じんに含まれる鉄が肺に入ると、鉄を含む「フェリチン」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2.5:九州で基準超え相次ぐ

毎日新聞 2013年02月09日 10時52分(最終更新 02月09日 11時02分)  中国に地理的に近い九州地方では、今年に入り微小粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度が国の環境基準(1日平均1立方メートル当たり35マイクログラム以下)を超える日が相次いでいる。環境省は「直ちに健康被害に結びつく値ではない。ただ疫学的な研究が十…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<甲状腺検査>「県外避難者、後回し」 秘密会で方針

毎日新聞 2月9日(土)2時30分配信  東京電力福島第1原発事故を受け福島県が実施している子供向けの甲状腺検査を巡り、県民健康管理調査の検討委員会が、県外避難者について検査の早期実施を表明しながら、準備会(秘密会)では「県外を遅らせる」との考えが示されていたことが分かった。実際に県外検査は県内の約1年後に始まった。県外検査を遅らせる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の肺がん、10年で60%増 大気汚染で中国医師ら指摘

【北京共同】中国で広範囲で発生している有害物質を含んだ濃霧に関して、中国の研究者らが7日までに人体に与える影響について「肺がん患者は10年で60%増加した」との調査結果などを相次いで発表、大気汚染による深刻な健康被害の実態が浮き彫りになった。  今年の汚染では少なくとも全人口の5割弱の約6億人が影響を受けている。中国当局は抜本的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CTスキャンの被爆量、想定より多かった 数十年後にがん発症リスク

【12月18日 AFP】CTスキャンを受ける際に浴びた放射線が原因で数十年後にがんを発症する可能性があるとする2つの論文が、14日の米内科学会誌「アーカイブス・オブ・インターナル・メディシン(Archives of Internal Medicine)」に掲載された。  CTスキャンは、X線を照射し、検査対象の臓器や組織の3D画像…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線が慢性腎臓病に影響

被爆者のうち、浴びた放射線量が多い人ほど慢性腎臓病を患うリスクが高まることが、放射線影響研究所(放影研、広島市南区・長崎市)の研究で分かった。慢性腎臓病は放っておくと腎不全となるほか、心筋梗塞や脳卒中になりやすくなる。放影研によると、慢性腎臓病と被爆線量との関連性が分かったのは初めてという。  長崎研究所の世羅至子(のぶこ)研究員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気象庁“津波が到達する可能性”

日本時間の6日午前、南太平洋で起きたマグニチュード8.0の地震で、気象庁は「日本の太平洋沿岸の一部に、早いところで夕方に津波が到達する可能性があり、到達の2時間前には津波注意報か、潮位の変化に関する情報を発表する」として、日本への津波の影響について調査を続けています。 気象庁によりますと、日本時間6日午前10時12分ごろ、南太平洋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発災害時のヨウ素剤、幼児用なし 防災指針案への憤慨

原子力規制委員会の原子力災害対策の指針案で、原発立地自治体に不安が広がっている。指針案は甲状腺の被曝(ひばく)を軽減する「安定ヨウ素剤」を原発の半径5キロ以内の全戸に配布し、避難の際に飲用させる方針だが、乳幼児向けの安定ヨウ素剤は国内で製造されていない。甲状腺がんの発生率は子供ほど高いともされているが、医薬品メーカーの対応も不透明なまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災で出たがきれを焼却したあとの灰の一部を宮城県登米市が受け入れ

【明日に向けて・2】 震災で出たがきれを焼却したあとの灰の一部を宮城県登米市が受け入れることになり、最終処分場への搬入作業が始まりました。ことし11月ごろまでに焼却灰およそ4000トンを受け入れることにしています。(2/4)NHK科学文化部
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more