原爆被爆:がん死リスク要因に初期放射線以外の可能性 毎日新聞

原爆被爆:がん死リスク要因に初期放射線以外の可能性 毎日新聞 2013年06月01日 21時54分  広島大原爆放射線医科学研究所(原医研)の大瀧慈(おおたき・めぐ)教授らの研究グループが、広島で被爆した人ががんで死亡するリスクを分析した結果、当時10~44歳だった人は、原爆爆発時に放出される初期放射線の影響を除いても、他の年齢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射線量、腎臓病リスク高める 放影研が被爆者調査

放射線量、腎臓病リスク高める 放影研が被爆者調査  原爆の被爆者が浴びた放射線量が多いほど慢性腎臓病(CKD)のリスクが高まることが12日、日米共同の研究機関「放射線影響研究所」(放影研、広島市・長崎市)の研究で分かった。米放射線影響学会の学術誌に発表した。放影研によると、被爆者の慢性腎臓病と線量の関係が判明したのは初めて。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more