横須賀基地で、放射線量の増加を告げる警報が鳴った

プロメテウスの罠 日本への不信(1)朝日新聞


1本の極秘公電が,2011年3月14日深夜から15日未明にかけ,米・ワシントンに駐在する駐米大使の藤崎一郎(65)から外務省に届いた。

福島第一原発事故が起きて3日後,自衛隊ヘリによる原発への空中放水を,日本政府が決める前だ。

公電には,米軍トップの総合参謀本部議長,マイケル・マレンが藤崎に強く迫った文言が並んでいた。

公電はA4判の日本語の横書きで,右上に「極秘」のゴシック文字。

公電には普通電・取扱注意・秘・極秘の4段階があるが,その最高レベルだ。

左上には「電信」の太字があり,上部に保存期間,文末には限定された配布先が列記されていた。

電子データで送られ,印字すると透かし文字で閲覧省庁や通し番号が出る仕組みだ。

機密を漏らした場合,国家公務員法違反に問われる可能性があるため,表立って公電について認める政府関係者はいない。

藤崎は昨年11月末に退任した。取材に対し,公電の存在自体を認めていない。

首相として報告を受けたはずの菅直人(66)は「覚えていない」と答えた。

公電に接した複数の人物に朝日新聞が取材し,具体的な証言を得た。

浮かび上がったのは,日本政府に対する米のいらだちだった。

マレンはホワイトハウスに常時出入りし,大統領と直接やり取りする立場だ。

そのマレンが「日本は何をしているのか」と厳しく問いただしていた。

米国は,日本政府が事故対応を東京電力任せにしている,とみていた。

14日午前,第一原発では1号機に続いて3号機が爆発していた。

午後には2号機が,冷却困難に陥って炉の圧力が上昇した。

しかし,マレンの危機感は4号機に集中していた。原発の冷却に自衛隊を使え,ということにまでマレンは言及していた。

「米軍は4号機が危ないと考えている。自衛隊などを使って,あらゆる手段で冷却すべきだ」

4号機の核燃料プールには,1~3号機に比べて圧倒的に多い1535体の核燃料が入っている。

プールの水がなくなるとメルトダウンが始まり,膨大な放射能が飛び散ってしまう。影響は日本全土に及ぶ。

「米国は,原発事故について,あらゆる準備がある。大統領は非常に心配している」ともあった。

マレンは「大統領」と表現していた。米軍だけでなく,米国そのものが懸念している,ということだ。

外務省には,この公電を首相や関係省庁に閲覧制限をかけて回した。

極秘公電から数時間たった15日午前6時すぎ,マレンが懸念した4号機が爆発を起こした。2号機の圧力計も異常値を示した。

午前7時,米軍が今も非公表とする事態が起きる。第一原発から約300キロ離れた米海軍横須賀基地で,放射線量の増加を告げる警報が鳴ったのだ。

米軍はただちに基地内の女性と子どもを退避させた。米海軍は,原子力空母を保有するため,放射線量の安全管理が厳しい。検知された放射能は,福島から飛散してきたと推測された。

原発がさらに悪化すれば,東アジアの重要拠点である横須賀基地が使えなくなるかもしれない。知らせを受けた米政府で焦りが広まった。

ワシントンは,原発処理に挑む姿がみえない日本に見切りをつけようとしていた。
米軍が心配して事故処理に協力すると言ったというのは本当だったのですね。

しかし,事故現場は他の国の人には見せられないようなこと(核兵器を作ることなどの)を行なっていたので,手伝わせるわけにはいかなかったのです。

それにしても,米軍の心配の動機が「横須賀基地が使えなくなる」ことって……。

まあ,米国らしいといえば米国らしいですけど。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック