地震の死者89人に=温家宝首相が被災地入り-中国南西部

【北京時事】中国南西部・雲南省昭通市彝良県付近で7日起きた地震の死者は8日午前までに、89人に上った。このほか795人が負傷し、74万4000人が被災した。温家宝首相は同日未明に同県入りし、さっそく被災した村を訪れたほか、県の病院で負傷者を見舞うなどし、不眠で陣頭指揮に当たった。中央テレビや中国新聞社電などが伝えた。
 温首相は空軍機で現地に向かい、救命を第一とする徹底した対策を指示。その上で「われわれは2008年の四川大地震で試練を経験している。自信と決意があり、今回の地震災害に対応する能力もある」と強調した。
 マグニチュード(M)5以上の地震が相次いだ現場は、余震が続いている。貴州省との境界付近は海抜が高い山岳地帯で、少数民族が多く住む貧困地区。人民解放軍成都軍区は1300人以上の部隊などを投入し、救援活動に当たっているが、降雨で地滑りが起きる可能性があるほか、道路が寸断され、徒歩でしか近づけない被災地もあり、難航している。(2012/09/08-13:18)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック